投稿日:2022年11月17日

空き家を抱えたときに考えるべきこと

こんにちは!
三重県松阪市を拠点に活動する、株式会社UMEDAです。
弊社は津市や伊勢市などを中心に、総合解体業者として数多くの建物解体に携わっております。
一つ一つのご依頼を大切に、真心を込めて承ってまいりました。
新たにマイホームを持つとしたら、将来的にご実家は誰も住まなくなる……という方もいらっしゃるでしょう。
空き家を抱えたときにどのような対応をするべきか、今からシミュレーションをしておくと安心です。
そこで今回は、空き家を抱えたときに考えるべきことをお伝えいたします。
ぜひご覧いただけますと幸いです。

税金を払い続けても空き家を持ちたいか

解体工事
思い出の詰まったご実家をすぐに解体するという決断は、簡単にはできません。
とはいえ、空き家を持ち続けることで固定資産税は発生し続けます。
税金を長年払い続けることになったとしても、その空き家を持ち続けたいと思うのかどうかを一度考えてみましょう!
税金が発生するのであれば、更地にして売りに出すという考えもあります。
売りには出さずに、駐車場などにして土地活用をする方法もあるでしょう。
そのままにしておくことが一番もったいないので、今後建物をどのようにしていきたいか検討しておくことをおすすめします。

修繕費用が発生してもいいのか

空き家を持ち続けると、税金だけでなく修繕費用も当然のことながら発生します。
誰も住まないのであれば別に修繕しなくてもいいのでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。
しかし、修繕を加えずに空き家を持ち続けると、自然災害などの影響で倒壊してしまうリスクがあります。
倒壊した際に通行人が怪我をしてしまっては、非常に危険です。
従って、住んでいたときと同じように、定期的に修繕をする必要があります。
このように、修繕費用が発生し続けても空き家を置いておきたいのか、ぜひ一度検討してみましょう!

空き家に関してお悩みですか?

電卓を持つ男性
今回は、空き家を抱えたときに考えるべきことについてお伝えいたしました。
いかがでしたでしょうか。
「空き家を解体したほうがいいかもしれない……」と思った方は、ぜひ一度弊社までお問い合わせください!
現地の状況を確認し、どのような解体プランが適しているのか、皆様にご提案いたします。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

三重県松阪市などで解体工事・家屋解体は株式会社UMEDA
〒519-2144 三重県松阪市八太町614
電話:0598-67-8080 FAX:0598-67-0208

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

家屋解体のことなら株式会社UMEDAにご相談ください

家屋解体のことなら株式会社UMEDAにご…

「リフォームにともなう解体工事をお願いしたい」「空き家を解体して土地を有効活用したい」「信頼できる解 …

空き家を解体するメリット・デメリット

空き家を解体するメリット・デメリット

こんにちは!株式会社UMEDAです。弊社は、松阪市に拠点を構え、三重県でさまざまな建物を対象とした、 …

工場解体前

工場解体前

今回は、工場の解体工事を行なう前の様子をご紹介いたします。 工場解体前 ここから綺麗に解体してまいり …